後藤希友(後藤みう)の球速(ソフトボール)の凄さを解説!

愛知県で発掘!

女子ソフトボール界の未来の星!後藤希友さん(サウスポー)について調べてみました!

まだ15歳にも関わらず、2020年五輪代表メンバーのひとりに決定しています。

後藤希友選手Wiki風プロフィール


出典:http://www.softball.or.jp

後藤希友(ごとう みう)
2001/3/2(15)
愛知県名古屋市熱田区出身
身長:174cm
学歴:日比野中学校
   東海学園高校
球速:中学の頃105キロ(下投げ)達成
小学校4年生~ソフトボールを始める
女子ソフトボール選手上野 由岐子に憧れる

中学生で球速105キロとはどのくらい凄いのか?

後藤希友さんは中学生にして球速105キロという記録を出しています。

105キロと言われてもソフトボールに馴染みのない方にとってはピンとこないと思いますので、今回はそれがどれくらい凄いことなのかを調べてみました。

まず、中学女子の地区予選初戦敗退レベルのチームだと60~70キロが平均です。

少し早くても平均70~75キロ

県大会出場レベルで平均75~80キロになります。

県大会でも上位になると平均80~90キロ程になっていきます。

全国大会レベルのエースで平均85~100キロくらいになります。

スポンサードリンク

ただし、これは全国大会レベルのエースの記録で、2番手や3番手になると速度はもっと落ちます

75キロくらいでも、コントロールが良く、チェンジアップなどで緩急も使えるようなら県大会上位でも通用するようになります。

ちなみに後藤希友さんのチェンジアップは75キロですが、ストレートと同じくらいのスピードに見えるそうで彼女ならではの技だそうです。

ボールが目に見て早いと感じる速度はどれくらい?

一般に80キロを超えると速いなと感じますが、70~75キロくらいの投手が多いのが現状です。

中学女子では90キロを越える投手も珍しく、全国大会になると100キロ近い速球を投げる投手もいたりします。

これが後藤希友さんレベルになりますネ!

そんな球速を出す後藤希友さんが、オリンピックでレギュラー出場することが目標だそうです!

頑張れ!!後藤希友さん!!

スポンサードリンク

最近婚約されたアモーレで有名な長友佑都氏のアスリートミラモン飯

割烹『ふじむら』
長友選手が愛媛県の実家に帰ったときにかならず訪れるそうです。

ワタリガニの醤油焼き

オーブンでじっくり焼いていただくそうですヨ!

長友選手が小さなころから大好物だったそうです。

住所:西条市三津屋南8-43
電話:0898-64-6700
最寄り駅:壬生川駅[出口]から徒歩約7分-道案内
営業時間:12:00~13:3017:30~21:00