本日7/27に銀河戦予選が行われました。

各25分・切れたら1手30秒未満

チェスクロック使用

対局相手は平藤眞吾七段

藤井聡太四段が先手。

対局結果は藤井聡太四段の勝利!!

スポンサードリンク

 

藤井聡太四段の対局結果やコメント

平藤眞吾七段は藤井聡太四段の棋王戦予選14連勝目の対局相手

そのときの棋譜はこちら

今回は両者前傾姿勢での対局でした(^^;

藤井聡太四段VS平藤眞吾七段
出典:将棋プレミアム

平藤眞吾七段の方が先に30秒将棋へ。

ほどなくして(5分後ほど)藤井聡太四段も30秒将棋へ。

形成は藤井聡太四段が有利か??

という状況でしたが、どうなるか解らない状態が続きました。

11:00頃の棋譜
棋譜11:00
出典:将棋プレミアム

形成はそのまま藤井聡太四段有利の状態が続き、平藤眞吾七段11:05頃投了。

投了図
出典:将棋プレミアム

101手で藤井聡太四段の勝利となりました。

出典:https://www.youtube.com

藤井聡太四段本戦進出
出典:将棋プレミアム

今回は早指戦なので積極的に指していきました。銀河戦はテレビ棋戦。多くの方に見ていただける。熱戦になるように勝ち上がっていきたい

とのこと(o^^o)

対戦後のインタビューも一喜一憂することなく終始冷静。

解説の髙見泰地五段が見習いたいと言われていました(^^;

髙見泰地五段の人柄の良さも伝わるインタビュー。

そんな髙見五段とは8月10日の順位戦で対局が決まっています。

一部では早指し戦は苦手と思われていることもあるようですが・・・

持ち時間は長ければ長い方がいいけど、早指しには早指しの面白さもある。特に苦手意識はない

だそうです。

個人的にも早指しが苦手だなと感じたことはないです(^^;

藤井聡太四段は、デビュー以来34勝2敗(勝率94.44%)。

ベテラン平藤七段の陽動振り飛車にも上手く対応しました。

早指し棋戦にも強いですね!!

今回藤井聡太四段とは2戦目となった平藤眞吾七段。

お見事でした。ちょっと情けない。前回より凄みを感じた

とコメントされていました。

対局するごとに強くなっていっているんでしょうね。。

藤井聡太四段の今後の対局は??

8月4日(金)
関西将棋会館
第67期 王将戦一次予選

対局相手は菅井竜也七段

持時間各3時間

対局開始時間:午前10:00~

↓タイトル戦現状
こちら

↓タイトル戦以外の公式戦現状
こちら