7月21日(金)に15歳初対局で黒星となった藤井聡太四段。

24日(月)に棋聖戦予選で10:00~西川慶二七段と対局。

持ち時間は各1時間、チェスクロック使用。

先手は藤井四段で対局結果は・・

藤井聡太四段の勝利

↓タイトル戦現状
こちら

↓タイトル戦以外の公式戦現状
こちら

スポンサードリンク

 

藤井聡太四段の棋譜&対局結果は??

 

藤井聡太四段VS西川慶二七段
出典:AbemaTV

 
西川慶二七段は正統派の居飛車党

対局は矢倉戦へ。

相居飛車戦でお互い相手の飛車先交換と角交換を防ぎ、その後矢倉囲いに組んでから仕掛ける戦型。

木村一基九段の解説がかなり解りやすく面白い解説でした。

対局は、藤井聡太四段は終始前傾姿勢が目立ちました。

ですね(^^;

中盤戦までは若干藤井聡太四段が有利か??

というようなほぼ互角の状態。

11:00頃にやはり藤井聡太四段有利の状態が続きました。

この時点で持ち時間は各30分程度。

西川慶二七段は受けの状態が続きます。

形成判断11:40過ぎ頃
形成判断
出典:AbemaTV

若干西川慶二七段が持ち返し。

形成判断11:55頃
形成判断11:53
出典:AbemaTV

西川慶二七段が持ち時間2分のときに、藤井聡太四段は1分将棋へ。

ほどなくしてどちらも1分将棋になりました。

棋譜
出典:AbemaTV

西川慶二七段の良い場面もありましたが、113手で藤井聡太四段の勝利となりました。

出典:https://www.youtube.com

西川七段は対局後のコメント

序盤、勝負どころもなくなったと思ったが、見落としもあって終盤はおもしろくなり、五分に近くなったと思う

西川七段は藤井聡太四段に対して・・・

イメージ通りの強さ

ぶれてもすぐに冷静になって追いついてくる

と評価。

西川慶二七段の所作がとても綺麗でした。。

藤井聡太四段は・・・

途中、無理気味に動いてしまって苦しくしてしまったけど、なんとか勝つことができてホッとしています

と素直に喜んでいました(*”ω”*)

スポンサードリンク

藤井聡太四段の次の対局は!?

本日午後14:00~阪口悟五段と対局になります。

ニコ生で棋聖戦予選第2局の放送は決定。

AbemaTVはわかり次第追記します✩
AbemaTVで阪口悟五段との対局が放送予定。


7月27日(木)は銀河戦予選が行われます。

対局相手は平藤眞吾七段

将棋チャンネルにて放送決定。

午前9:56~

将棋プレミアムにて放送決定。

午前:9:45~

↓詳しい視聴方法まとめ記事
こちら

↓全ての対局を見逃したくない!とりあえずこのアプリ↓
日本将棋連盟公式アプリ
※8大タイトル戦を含む、各棋戦の予選など、ほぼ毎日リアルタイムにプロの解説付きで中継記者がお届け✩