藤井聡太四段が集中すると前傾姿勢

が増すという噂がモチキリです。

対局中の癖と言えば羽生善治三冠の

勝利を確信すると駒を持つ手が震える

のが有名ですよね。

その震えかたは異常なもの。

羽生善治三冠の手が震える=自分の負け確定

という合図のようなもの。

藤井聡太四段の場合は、本人曰く、

終盤になってくると勝ちたい気持ち

が強まってくる。

そのため、どんどん前傾姿勢になって

しまう・・とコメント。

無意識ですね(^^;

スポンサードリンク

 

藤井聡太四段はなぜ前傾姿勢に!?

勝ちたい気持ちの表れだと思われます。

藤井聡太四段の前傾姿勢は集中度合いの

バロメーターのようです。

師匠である杉本昌隆七段によると・・・

ちょっと苦しい時

勝利を確信したとき

などに見られると癖を指摘されているようです。

藤井聡太四段は終盤戦に強い棋士

なので、終盤戦で見られたときは

勝利を確信している可能性が高い

と言えるようです。

人は積極的に相手に何かを伝えたい

ときは、自然と前傾姿勢になること

が心理学のデータであるようですが、

前傾姿勢は通常このようなシーンでも

誰にでも起こり得ること。

将棋の棋士でも前傾姿勢になる人は

実際多いようです。

藤井聡太四段の前傾姿勢がなぜ話題に!?

カメラと頭が重なり藤井聡太四段側

の駒が見えないのだそうです。

そしてこれは解説者泣かせでもあります。

藤井聡太四段は終盤あたりで、

前傾姿勢で前かがみになるので、

頭で将棋盤が見えないという状況に。

解説するのが大変なのだそうです。

↓ようするにこういうことです↓
藤井聡太四段前傾姿勢
出典:http://www.youtube.com

もうこの画像・・・

わたしは可愛くて仕方ありませんが・・・

やはり終盤戦になると・・

勝ちたい!!

という気持ちと同じように体ごと

前傾姿勢になってしまうようですね。

集中すると出てしまう癖なので、

カメラなんて意識はできませんよね。

藤井聡太四段の他の癖は?舌、耳たぶ、足を叩く?

坂口悟五段との対局で最善手を出した

つもりが、すぐにミスと解った藤井聡太四段。

悔しさのあまり足をパシパシ!と叩かれました

これは癖というより、本来の負けず嫌いな

性格から出たものだと思われます。

ミスをしたのが相当悔しかったのでしょう。

他にも『舌を出す』『耳たぶを触る』

というような癖があるようですが、

対局とはあまり関係のない癖のようですね。

スポンサードリンク

藤井聡太四段と羽生善治三冠の共通する癖は!?

↓都成龍馬四段との対局時です↓
藤井聡太四段と羽生善治三冠の共通癖
出典:フジテレビ

羽生善治三冠がよくしていた癖のひとつに

相手の表情を見るというものもあります。

将棋をする上で、相手の表情を読み、

何を考えているのかを読むということが

大切になるようですが、それは集中して

いるときに無意識にする癖のようです。

その癖を藤井聡太四段もしているそうです。

やはり天才は同じなのでしょうか。

藤井聡太四段を育てた師匠、杉本昌隆七段も前傾姿勢を注意!?

杉本師匠も前傾姿勢で前かがみになる癖

を注意したそうですが、なかなか治らない

のだそうですね。

だと思います・・・癖ですからね・・・

しかも超集中する対局中に癖のことなんて

きっと考えていられないのでは・・・

藤井聡太四段を育てた師匠、

しかしこれまでの指導を振り返り、

師匠として教えたことは『特になし!』

とされているようです。

持っている才能がプロから見ても

羨ましいものがあり、常識的な教え方

は返ってやらない方が良いと判断。

あまり技術的なことは控えたそうです。

藤井聡太四段の若い頃の才能を見抜き

師匠の懐の深さが今の藤井聡太四段を

形成したのだと思います。

そして弟子にしたくてウズウズしていた

そうです。

その秘められた才能を自分の手で育て

たかったそうです。

プロ棋士にできなかったら責任を

取って引退をしようと思っていたほど

藤井聡太四段は集中すると前傾姿勢になる癖がある!?まとめ

前傾姿勢は集中時のバロメーター。

苦戦しているとき、もしくは勝利を確信しているときにでる。

師匠である杉本昌隆七段も注意するも治らず。

前傾姿勢以外に相手をチラっと見る癖も。

羽生善治三冠も相手を見る癖があった。

天才は同じ。

杉本昌隆七段は藤井聡太四段の才能を見抜き弟子にしたくて仕方なかった。

やはり愛されキャラの藤井聡太四段です。

今回は癖について纏めてみました。

やはり終盤戦ででることが多いようですね。

誰もが藤井聡太四段の負けを確信している

ときに、本人だけは自分の勝利を確信

している訳です。

やはり素晴らしいですよね。