藤井聡太四段がNHK杯Bブロックで森内俊之九段に勝利しました。

次の対戦相手は関西四天王の一人、稲葉陽八段になります。

稲葉八段とは初対局。

名人戦に挑んだトップ棋士の稲葉陽八段とベスト8入りをかけての対局です!

持ち時間は各10分、NHKスタジオにて午前10時~対局となります。

対局日はまだ未定です。

恐らく12月頃になると思われます。

↓タイトル戦以外(NHK杯など)の公式戦現状
こちら

スポンサードリンク

 

稲葉陽(いなばあきら)八段の略歴

 
稲葉陽八段
出典:http://livedoor.blogimg.jp
生年月日:1988年8月8日(29歳)
2008年4月1日(19歳)プロ入り
出身地:兵庫県西宮市
師 匠:井上慶太九段
竜王戦:2組(1組1期)
順位戦:A級(2期)
得意戦法:角換わり、横歩取りなどを多く指す居飛車党

実兄に稲葉聡アマがおります。
※加古川戦は9月2日に準々決勝戦で長谷部浩平三段に敗戦

※藤井聡太四段は現在時点で竜王戦6組、C級2組に在籍

C級2組とかフリークラスとか何??

関西所属の有力若手棋士、糸谷哲郎・豊島将之・村田顕弘と並ぶ『関西若手四天王』の一角と称されております。

三段リーグを6期(13勝5敗)で通過

※藤井聡太四段の三段リーグ成績などはこちら

2000年9月(12歳)6級で奨励会入会

2003年(15歳)初段

2005年2月(17歳)三段

2008年4月1日(19歳)四段プロ入り

2011年3月8日(22歳)五段

2012年5月1日(23歳)六段

2013年8月16日(25歳)七段

2016年2月18日(27歳)八段

2017年第75期名人戦では佐藤天彦名人への挑戦権を獲得した凄腕棋士です。
※2勝4敗で名人奪取にはなりませんでした

前期74期のB級順位戦で10勝2敗(1位)でA級へ昇級。

今期75期のA級順位戦では8勝1敗と断トツ1位

藤井聡太四段が29連勝されたときに大盤解説会の解説を担当されています。

そのときには藤井聡太四段の将棋に対して・・・

14歳で完成された将棋。局面で最善を尽くしており、ミスの少なさにもつながっているのでは・・・

とコメントされていたようです。

直近のツイートでは・・・

NHK杯での対局楽しみですね。

藤井聡太四段と稲葉陽八段のレーティングや成績は??

    ’17年9月21日現在のレーティング

    稲葉陽八段(4位)1816
    藤井聡太四段(22位)1713

    レーティングとは??
    簡単に説明すると・・・

    • 強い人に勝てばたくさん点数がもらえて、弱い人に勝ってももらえる点数は少ない
    • 強い人に負けても失う点数は少なく、弱い人に負ければたくさん点数を失う

     
    ※所属クラス(A級~C級)で大体の強さは想像できますが、それを数値化したもの

    平均的な棋士のレーティングを1500として計算されています。

    レーティング一覧はこちら

    最近の勝敗も反映されている数値なので、所属クラスと合わせて目安にされると良いと思います。

    ちなみにレーティングトップは豊島将之八段の1889。


    ’17年9月21日現在の成績

    稲葉陽八段

    対局数 勝率
    通算 380 260 120 0.6842
    本年 25 14 11 0.5600

     
    藤井聡太四段

    対局数 勝率
    通算 47 41 6 0.8723
    本年 37 31 6 0.8378

     

    NHK杯とは??

     

    賞金 非公表
    現在状況 本線Bブロック勝進中
    トーナメント表 こちら

    ※優勝賞金は非公表となっています。囲碁が500万円なので同額か??不明です。

    1. 予選
    2. 本戦

    があります。

    本戦には棋士49名と女流棋士1名の計50名が出場。

     
    言わずもがなタイトル保持者も参戦しているトーナメント。

    強豪揃いのトーナメント(^^;

    1.前回のベスト4
    2.タイトル保持者
    3.永世称号呼称者及びB級1組以上

    etc…

    藤井聡太四段VS稲葉陽八段の対局中継は??

    生放送かどうか不明ですがNHKで放送されます。

    森内俊之九段のときにはニコ生、携帯中継もありましたので、そちらでも放送あるかもしれません。

    ※ちなみに森内俊之九段のときには、問い合わせ殺到とネタバレを防ぐために生放送へ踏み切られたようです

    わかり次第追記致しますが、まだ詳細は決定していないようです。

    ↓8大タイトル戦現状
    こちら