NHK金曜夜10:00~放送の波瑠主演のドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」のサイトに掲示板が設けられているんですが、反響がすごい様子。

『毒親』など数年前から話題になっているこの話題。

「お母さん、娘をやめていいですか?」なぜ反響が大きいのか?

お母さん娘をやめていいですか?の反響

同じ環境の方が多いようですね|д゚)

特に40代~50代に多いようです。

おそらく見ていて、誰にも言えないその状況を代わりに語ってくれているような心境なのではないでしょうか。

番組感想の意見も多いですが、同じ悩みを抱えている方がわたしも同じだ・・・と投稿されているのが目立つようです。

スポンサードリンク

毒親の特徴は?

こどもは自分の所有物(とは思っていない)になっている

具体的にはどういうこと?

  • こどもの性格を尊重しない(友達までも否定)
  • こどもの父親(自分の夫)の愚痴や知人の愚痴をこどもに言う
  • 愚痴を聞いてくれない、聞かないこども=協調性がない、優しくないと思っている
  • 他のこどもと比べて評価する
  • こどものミスを責め続け罵倒する
  • 自分のストレス発散をこどもにぶつける
  • 過干渉であり、何かするごとに口出しをする
  • こどもを繋ぎとめておくために不幸を演出し続ける(干渉・心配されたい)

上げるとキリがありませんね(^_^;)

どうして毒親になってしまいがちなのか?

どうしてこどもに一点集中してしまうのか?

こういう上記にあげるような状況が発生してしまうということは、大抵他に問題があります。

主にあげられる原因としては夫婦の不仲

父親からの関心がない場合はこどもに集中しやすい傾向が見られる場合がありますね。

なので、愚痴を言う相手もこどもになってしまったり、一番最悪なのは自分の夫の愚痴をこどもにこぼしてしまう行為。

こどもは父親のDNAももっていますから、父親否定=自分も否定されたとどこかで思ってしまい自信を欠いて成長してしまったりする場合もあるようですので、影響は計り知れないですよね。

愚痴を聞かないと、愚痴くらい聞いてくれてもいいんじゃない!?なんて優しくない子なの!!と罵倒されたり・・・

言う権利ばかりを主張して、聞きたくないという主張は聞かないという本当になんと自由な・・・と思う限りですが。

スポンサードリンク

特に女の子のお子様を持たれている方に傾向が強い感じがします。

女子は同性ですし、ましては自分のこどもですから自分と同じ考えだと誤解をしやすいのが特徴です。

ひどいときには、娘の幸せを妬んでしまうときもあるようです。

みんながみんなそうとは限りません。

他に考えられる原因は、毒親になってしまった人の親も毒親だった可能性もあります。

なかなか負の連鎖は断ち切ることが難しく、どこかで誰かが気づかない限りいつの間にか自分もそうなっていたというケースは多いのかもしれません。

実際ドラマの波留さんも、とても仲が良かったのにふとしたことで母親に疑問を持ち始めてそれからがエスカレートでしたね。

毒親が自分が毒親だと気づかない原因

毒親なんて、みんな自分がなっているなんて思わないものです。

気づけないものなんですよね。

なぜなら、こどもの為だと思ってしている行為がほとんどだからです。

中には典型的な毒親と言われる行為である気づきやすい行為もあります。

例えば愚痴をこどもにこぼしてみたり、罵倒、暴力などですよね。

こういう場合は明らかに毒親と呼べる行為ですが、一見俯瞰に見てみないと解りづらい行為があります。

そのほとんどが、親自身もよかれと思ってこどもの為にしている(と思っている)行為です。

ほとんどが自分のための行為なんですがね・・・そこにあまり気が付きにくいという難しいところです。

なので、何が悪いのか自分でも解りづらいのですよね。

本日最終回を迎えるようですが、ドラマはどんな結末を迎えるのでしょうか?